投稿日:2022年2月7日

地盤改良工事の種類とそれぞれのメリット

こんにちは!
岐阜県恵那市を拠点に、造成工事や擁壁工事を県内にて手掛けております、株式会社伊藤組です。
2012年に創業して以来、業歴約30年の代表を筆頭に豊富な知識と確かな技術で、さまざまなご依頼に臨機応変に対応してまいりました。
安全な住まいづくりを行ううえで地盤改良工事が重要であることは、なんとなくご理解いただけているのかと思います。
しかし、詳しい施工内容についてはまだご存じでない方が多いですよね。
そこで今回は地盤改良工事の種類と、それぞれのメリットについて簡単にご紹介いたします!
安全な住まいづくりには欠かせない情報だと思いますので、ぜひご覧くださいね。

地盤改良工事の3つの工法


地盤改良工事は表層改良工法、そして柱状改良工法、小口径鋼管杭工法といったように、主に3つの工法が用いられています。
地盤改良を行わなくて良い土地も探せば見つかるでしょうが、基本的に建物を支える地面の強さが20~30KN/平方メートル以下だと判断された場合は、地盤改良工事が必要です。
また敷地やその周辺が埋立地であったり、盛土で造成されていたり、液状化や不同沈下の可能性や過去に陥没などがあったり、周辺情報などから総合的に地盤強化が必要だと判断された場合にも、工事を行わなくてはなりません。

3つの工法のメリット

まず表層改良工法のメリットは、改良深度が浅ければ低コスト、かつ小型重機で施工ができるという点です。
柱状改良工法もわりと低コストで、強固な地盤がない状態でも施工ができる点がメリットです。
小口径鋼管杭工法は強固な地盤がなければ施工はできません。
施工できた場合は地盤強度が他の2つの工法と比較しても高くなります。
そのため重量のある建物の施工をしたい時にも適しています。

地盤改良工事のご相談はお気軽に


このように地盤改良工事には3つの工法があるのですが、どの工法が皆様に適しているのかを判断するのは難しいですよね。
そんな時こそぜひ我々にご相談ください。
土地の状態や周辺環境を踏まえたうえで、皆様に適した地盤改良工事をご提案いたします!

土木の求人選びでお悩みの方へ

土木の求人って有りすぎて逆に選べない!とお悩みでしたら、安定性や働きやすさで選ばれ続ける弊社求人はいかがでしょうか。
経験・学歴不問でご応募可能です。
また仕事のことやプライベートのことも相談しやすく、賞与支給、手当も充実しているので、きっとご満足いただけるはずですよ!
土木施工管理技士の資格取得を目指している方も大歓迎ですので、ぜひご応募くださいね。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。





採用バナー
東濃地区の建設業者なら岐阜県恵那市の株式会社伊藤組へ|求人
株式会社伊藤組
〒509-7201 岐阜県恵那市大井町1120-340
TEL/FAX:0573-32-1551 代表直通:080-5122-4308
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする


関連記事

丸山ダム転流工事災害復旧

丸山ダム転流工事災害復旧

造成工事 仕事の流れ

造成工事 仕事の流れ

造成工事とは山などの傾斜になっている土地や、田んぼや畑がある土地を、宅地や駐車場などの用途に合わせて …

一次外構とはどんな工事のこと?

一次外構とはどんな工事のこと?

一次外構という言葉は、新しく戸建て住宅を建築しようとお考えの方であれば、もしかしたら耳にしたことがあ …

お問い合わせ  採用情報